image

11-18-05

わたしはあなたの宇宙 – 三上ちさこ


ソロ一発目のCDってのはわりと実験的な音に仕上げられるものが多いと思うのだが、
まさしくこれもそんな一枚。
以前からのファンは途惑うような。
とにかくアレンジがひねくれていて、
おそらくfra-foaファンには受け入れ難い人も多かったんじゃないかと思う。
確かに三上ちさこの歌はあくまでヴォーカルであるということに限りない魅力があるのは確か。
ただ、人様のレビューにあったが、根底にロックを見出せるかどうかで評価が180度変わると思う。
アルバムとしての構成も悪くなく、
新しい三上ちさこを十分に堪能できるアルバムであると個人的には評価できる。
それでもやはり三上ちさこにはバンドサウンドを求めてしまうって言うのは、まあ、しょうがない。