image

12-28-05

海がきこえる〈2〉アイがあるから – 氷室 冴子


海がきこえる、拓と里佳子の大学編ストーリー。
ジブリ作品で好きなものといえば、耳をすませばと、
海がきこえるがトップクラス。
映像版、とその小説は確か高校生の時だっけかな。
その当時年上であったはずの2人がいまや10年近く年下の男女として現れるというのは、なんだかとても感慨深かった。
あたたかい気持ちで読みきることができた。
とても好き。
関連商品

Leave a Comment