image

03-18-12

F-12C root化1 環境設定

flyerは公式アップデートもあり、なにより高かったのでrootとったりは躊躇したのだけど、
こちらはなんの躊躇もなく、root化。
目指せ万能端末。
つっても、pppoeのことさえなければ別にrootとらなくてもさほど困らない気がする。
v20にしなければb-mobileSIMでテザリングできるわけだし。
それでも、やはり好奇心的に。


こちらを参考にroot化
【新・初心者向け】Android SDKの最新インストール手順2011年10月版!少しだけシンプルに解説!
まず、windowsPCに以下の2つをインストール。
・Android SDK
http://developer.android.com/sdk/index.html
android-sdk_r16-windows.zip(r-16はヴァージョンなので最新のを入れる)。
zipが良いらしい。
解凍してできた「android-sdk-windows」フォルダを、Cドライブのすぐ下に置く。
・Java Platform (JDK)
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk-7u3-download-1501626.html
Java SE Development Kit 7u3をダウンロードしてインストール(7u3はヴァージョンなので最新のを)。
それからJAVAのパスの設定
コンピューターのプロパティからシステムの詳細設定(詳細設定)→詳細設定→環境変数
ユーザーの環境変数で新規。
変数名にPATH、変数値にC:\Program Files\Java\jdk1.7.0_03\bin;(インストールした奴に合わせる)
それからandroid-sdk-windowsの中のSDK manager.exeを起動。
PackagesのToolsとExtrasのGoogle USB Driver Packageをチェックしインストール。
インストールが完了したらさっき作ったパスにSDKのパスを追加。
変数値が最終的に上記のJAVAに付け加える形で以下のようになる。
C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_03\bin;C:\android-sdk-windows\platform-tools;C:\android-sdk-windows\tools;
これで環境設定は終了。
コマンドプロンプトを起動してadb devicesと入力して、
list of devices attachedが帰ってくることを確認。

Leave a Comment