image

03-31-12

PPPoE for Android

pppoefor.gif
最近になってようやく変わってきたが、旧来からのフレッツ・スポットはPPPoEでの接続になるので、
スマートフォンが単体で繋げず、光ポータブルが必要になってくる。
しかしこの光ポータブル、動きが鈍いわ、無くしたら実費負担だわ、何かとうっとおしい。
レンタルで月315円かかるし。
そこでなんとか単体で繋げないものかと思いこれを購入。
こちらから
結果としては、一応繋がった。が、光ポータブル替わりには今のところならないというところ。


まずmenuボタンからPreferenceをタップし、
UsernameとPasswordを入れる。
ここで入れるのはプロバイダーのユーザー名とパスワードになる。
ユーザー名はおそらくドメイン名が必要になる。
ココらへんは光ポータブルの設定なんかを参考に。
username@biglobe.ne.jpといった形だ。
そうしておいてフレッツ・スポットをwi-fi設定から接続し、keyを入力。
これはNTTから届いているWEPキーを入力する。
そうそう、あらかじめNTTの設定ページからMACアドレスを登録しておく必要がある。
サービス申し込みページ(このページ見つけにくいよなぁ。。。)から。
f12cap003.jpg
そうして接続するとIPアドレスをFLETS-SPOTから取得中と表示される。
その状態でPPPoE for Androidに移り、connectボタンを押してやれば接続完了。
f12cap004.jpg
これで、一応繋がったのだけど、実用的とは言い難い。
軽くメールのチェックやTwitterのタイムラインを更新するぐらいはできるけど。
というのも、もともとのwi-fiが、IPアドレスを取得できず、切断されてしまうから。
なので、IPアドレスを取得中の間(画面右上にwi-fiマークの出ている間)、
時間にして20秒ぐらい?の間だけ繋がっている。
最初のうちは何回かリトライするので、その都度画面右上にwi-fiマークが出て、
その間は一応繋がっているみたいだけど・・・最終的には接続失敗、と諦めてしまう。
そもそもアンドロイドがデフォルトでDHCPで接続しようとするわけで、
このままだとどうしようも無い気がする。
ただ、一応単体で接続できる、ということは確認できたので、
もうちょい時間をかけて取り組んでみたいと思う。
目指せ脱光ポータブル。

Leave a Comment